Entry Traditional Style

Entry Traditional Style

FEATURES

マホガニー・ボディ

マホガニー・ボディ

ボディ材にマホガニー単板を使用。さらに弦にイタリアAquila社製のものを使用することで、ウクレレらしいポロンポロンというサウンドを奏でます。

コンペンセーティッド・ボーン・サドル

コンペンセーティッド・ボーン・サドル

大型のサドルに標準仕様の弦に合わせたイントネーション調整加工が施されています。 これにより、各フレットでの音程のずれを低減し調和の取れた和音の響きが得られます。

スラント・ヒール

スラント・ヒール

ハイフレットで演奏するときに手が当たるネックのヒール部分を大胆にカットすることで、演奏性が大きく向上しています

指板バインディング

指板バインディング

経年変化などの理由で指板が収縮することによってフレットの両端が浮き出てしまい、演奏性が損なわれることがあります。当モデルでは、指板の側面にバインディングを接着しフレット足の溝をふさぐことで、このような現象が起きるリスクを低減しています。

オープンポア・グロス仕上げ

オープンポア・グロス仕上げ

塗装は、ボディの振動を妨げにくいように、ウレタン塗料でオープンポア・グロス仕上げとしました。

Entry Traditional Style LINEUP