Expert OS

FUJIGENの持つアイディアと比類無きアクティビティーを追求。プレイヤーの指先がアンプに直結したかのようなレスポンスと、ギター本来の持つストレートで幅広いトーンがアーティストたちのイメージする音楽を忠実に奏でてくれる。

※FUJIGEN Expert OS はFUJIGENサイト限定発売のオーダーメイドギターです。

※FUJIGEN Expert OS は約45日間の製作期間後の納品になります。(受注状況やオプションの内容により納期は前後することがございます。)

※FUJIGEN Expert OS はヘッド~ボディーシェイプ、ピックアップ、プレイヤビリティを考慮し開発したフジゲンのオリジナルギターです。

※製品の仕様は予告無く変更される場合がございますので、予めご了承下さい。

NECK

ギターの中でも最も重要なパーツとも言われているネック。ネックによってギター全体の鳴りは大きく変化します。
Expert OSのネック材は、貴重な柾目材を使用。指板はローズウッドもしくはメイプルから、またメイプル指板の場合はグリップをUシェイプ・Vシェイプからセレクト可能です。
サークルフレッティングシステムを標準装備し、フレット線もセレクトできます。フレットエッジは丸く滑らかな「EXPERT FRET EDGE FINISH」を採用し丁寧な仕上がりになっています。324mmスケール(一般的なSTタイプギターのスケール)、22フレット仕様。

ネック材

貴重な柾目材を使用。3タイプからセレクトできます。
ネック材は、自社独自の乾燥設備・乾燥工程で狂いだしを行い、強度を上げ、ギターネックの素材として最適な状態にしてから加工をします。 Expert OSのネック材には、板目に対して狂いや反りが少ない貴重な柾目材を使用しています。

ハードメイプル柾目材1P
+ローズウッド指板
ネックシェイプ U-TYPE
ハードメイプル柾目材1P
ネックシェイプ U-TYPE
ハードメイプル柾目材1P
ネックシェイプ V-TYPE
やや甘い粘りのあるトーン クリアーな音の立ち上がり

※ネックの厚み寸法については、木工サンディング、塗装厚により多少の変動があります。

ヘッド

FUJIGENロゴマークにホログラムを使用。アジャストはヘッドアジャスト方式で、高級感のある木製スリーブ入りです。ヘッド形状はフジゲンオリジナルを採用しており、ヘッド裏にはシリアルナンバーが入 っています。「C.F.S. is installed on this instrument.(PAT.NO.3282035)」 のメッセージ入り。
(写真はナチュラルフィニッシュのネックです。他にヴィンテージフィニッシュがあります。)

ナット

オイル漬け牛骨ナットを採用。
牛骨に特殊なオイルを含侵させ、チョーキング・ビブラート・トレモロ使用時の弦の動きによる摩擦を軽減します。立ち上がりがよくカラッとした音質です。

ナットはブリッジの反対側で弦を支えるという重要な役割を担っており、溝の深さ、角度等の調整が不十分の場合、開放弦でのビビリ、ピッチの不安定など弦楽器としての機能を発揮できなくなります。Expertシリーズの製造工程では、ギター製造20年以上のベテラン職人のみが、独自のジグを使用しナット調整を行っています。

フレット

フレット線はミディアムサイズとヴィンテージサイズからセレクト可能です。サークルフレッティングシステムを標準装備。 サークルフレッティングシステムとは、フジゲンがパテントを持つフレットテクノロジーです。
ミディアムサイズのフレット線は音程が正確で立ち上がりがよく、ヴィンテージサイズのフレット線はシャープな音色が特徴です。



ミディアムサイズ
(W:0.104inch、H:0.047inch)



ヴィンテージサイズ
(W:0.080inch、H:0.043inch)

フィンガーボード

ローズ指板は大量の材から、良質な素材を選び使用。メイプル指板はつや消し加工を施してあります。 指板面はコンパウンドラディアス加工、フレットエッジの処理は「EXPERT FRET EDGE FINISH」を採用し、プレイアビリティーを高めています。324mm スケール(一般的なSTタイプギターのスケール)、22フレット仕様。

コンパウンドラディアス

「コンパウンドラディアス」とは、ローポジションからハイポジションにかけて、フィンガーボードのR値が徐々に大きく(Rが緩やかになる)なる精度の高い円錐形指板加工です。

一般的なSTタイプの指板面のR値は184mmRとなっていますが、ハイポジション演奏時におけるベンド時(チョーキング)の音詰まりやビレが発生する事があり、弦高を下げる程この傾向が増すのが現状です。この欠点をカバーするためにExpert OSでは指板面に、フジゲンならではの高度な技術を駆使し、精度の高い円錐形加工処理を施したコンパウンドラディアス指板を採用しました。

比較的コードワークを多用するローフレット側は良好なグリップ感を得るためR値を小さくし、チョーキングを多用するハイフレット側のR値は大きくしてあります。0フレットでは250mmR、最終フレットでは350mmRという設定になっています。

※R=Radius(半径)

フレットエッジ処理

滑らかなフレットエッジ仕上げ : EXPERT FRET EDGE FINISH
プレイヤーのスムースなフィンガリングを考え、指板のエッジを丸く滑らかに落としてありフィット感のあるグリップになっています。またフレットのエッジ処理は熟練クラフトマンが 、一般的なフレット処理の約10倍もの時間をかけ、一本一本丁寧に仕上げており、プレイヤーの滑らかなフィンガリングを約束します。


Expert OS メイプル指板


Expert OS ローズ指板

ポジションマーク

ローズ指板・メイプル指板ともにアバロニ(メキシコ貝)5øを使用しています。
ポジションマークは元来、指のポジショニングを視覚的にとらえフレットの位置がわかりやすいように、演奏上の手助けをするためのものです。3, 5, 7, 9, 12, 15, 17, 19, 21フレット部分に美しいアバロニを埋め込んであります。


ローズ指板


メイプル指板

ネックフィニッシュ

ネックフィニッシュは、明るく高級感を感じさせるナチュラルフィニッシュ、アメ色(黄色く焼けた色)がかったオールドギターを感じさせるヴィンテージナチュラルフィニッシュの2タイプからセレクトできます。 最終的につや消し加工(スムースグリップ)を施しプレイヤビリティーを高めています。


ナチュラルフィニッシシュ


ヴィンテージナチュラルフィニッシュ

スムースグリップ

ネックフィニッシュは、「つや消し加工」「マットフィニッシュ」「サテンフィニッシュ」とも呼ばれる加工です。 ローズ指板はネック裏グリップ部分、メイプル指板の場合はネック裏+指板面に処理を施してあります。 サラサラな感触で滑らかな弾き心地、スムースなポジション移動が期待できます。