Expert OS

FUJIGENの持つアイディアと比類無きアクティビティーを追求。プレイヤーの指先がアンプに直結したかのようなレスポンスと、ギター本来の持つストレートで幅広いトーンがアーティストたちのイメージする音楽を忠実に奏でてくれる。

※FUJIGEN Expert OS はFUJIGENサイト限定発売のオーダーメイドギターです。

※FUJIGEN Expert OS は約45日間の製作期間後の納品になります。(受注状況やオプションの内容により納期は前後することがございます。)

※FUJIGEN Expert OS はヘッド~ボディーシェイプ、ピックアップ、プレイヤビリティを考慮し開発したフジゲンのオリジナルギターです。

※製品の仕様は予告無く変更される場合がございますので、予めご了承下さい。

BODY

ボディー材はアルダー、ライトアッシュ、マホガニー、フレイムトップ、キルトトップからセレクト可能。 クラフトマンによる厳密な検査をくぐり抜けた厳選された素材のみを使用しています。

時代に押し流されることのないスタンダード、かつ時代を卓越したスタイルをコンセプトに、ギター全体のバランス、ネックセットやヒールシェイプ、プレイヤビリティ面を考慮に開発したフジゲンオリジナル形状です。

ボディー材

ギターのサウンドを特徴づけるボディー材は、アルダー・ライトアッシュ・マホガニー(センター2ピース)と、フレイムトップ・キルテッドトップ(バック材にマホガニー)の全5タイプからセレクト可能です。
フレイムトップ・キルトトップのトップ材は、貴重な無垢材を使用しています。(ツキ板ではありません) 独自の乾燥工程とシーズニングで素材のコンディションを整えられ、一つ一つ重量測定、クラフトマンの目により選び抜かれた良質の素材を使用しています。 フレイムトップ・キルトトップでは、ボディーサイドにナチュラルバインディングを施し、木目との組み合わせにより高級感を漂わせます。

ボディーにはコンター加工・エルボーカットを施してあり、体にフィットしやすい形状を開発しました。プレイヤーがギターを構えたときのバランスも考慮し、座っても弾いても、立っても弾いても演奏性の高いフジゲンオリジナル形状です。

近年、ギター用の木材の世界的流通量は激減しており、良質で美しい木目を持った材はますます希少価値を高めています。それに伴い、そういった良質の木材を手に入れることが非常に困難になっているという現状があります。フジゲンは世界でもトップクラスの木材ストック量を誇り、世界各国の銘木業者との半世紀に渡る直輸入業務、強い信頼関係からの情報はフジゲンの強みです。大量の木材ストックから、良質な素材を選別、エキスパートシリーズに使用しています。

アルダー

主産地:北米西海岸沿い
特色:淡黄色ないし赤褐色
特徴:日本産のハンノキと同種
音質特徴:アタック感が強く、力強さも有り、存在感の有るサウンドです。

マホガニー

主産地:アフリカ各地
特色:薄桃色から濃赤褐色
特徴:やや軽軟からやや重硬
音質特徴:中・低音域の力強さが特徴です。やや荒削りなサウンドが魅力的です。

ライトアッシュ

主産地:カナダ~北米東部
特色:やや淡色ないし白色
特徴:運動用具に使用(バット)
音質特徴:軽めの材の場合、中音域のブライトなトーンと自然な感じの倍音が得られます。重くなるに従い、低音域がタイトになります。

フレイムTOP、マホガニBACK

トップ材主産地:北米西海岸沿い
特色:淡黄色ないし赤褐色、トラ杢
音質特徴:中・低音域の力強さが特徴で、やや荒削りなサウンドが魅力的です。
マホガニバックにフレイムメイプル(無垢)を貼ることで深いトーンが得られます。

キルトTOP、マホガニBACK

トップ材主産地:北米西海岸沿い
特色:淡黄色ないし赤褐色、キルテット杢(如鱗杢)
音質特徴:中・低音域の力強さが特徴で、やや荒削りなサウンドが魅力的です。
マホガニバックにトップにキルトメイプル(無垢)を貼ることで深いトーンが得られます。

ボディ材仕様(断面図)

※ アルダー・ライトアッシュ・マホガニのボディー材は、センター2ピースとなります。
※ ボディー堀加工は、PU配列に関わらずH-S-H仕様です。

※ TOP材はフレイム・キルテッドメイプルのセンター2ピース仕様です。
※ BACK材はマホガニーの2~3ピースです。(図は3ピース仕様のものです。)
※ トップ材のエルボーカット部は曲げ貼り接着加工です。
※ ボディーサイドにはナチュラルバインディングが入ります。
※ ボディー堀加工は、PU配列に関わらずH-S-H仕様です。

ボディカラー

ボディトップ材ごとにそれぞれカラーバリエーションをご用意しております。

>> Web Orderフォームにてお試しください。

>> 過去にオーダー頂いた事例Order Galleryもご覧ください。

ラウンドカットヒール

ラウンドカットヒールとは、デタッチャブルギターのハイポジションまでのスムースなフィンガリングを考えたフジゲンオリジナルのヒールシェイプです。

ハイポジションでの演奏性を高めるためにBODYの一部を丸くカットしたラウンドカットヒールをExpert OS全機種に採用しています。従来の四角いプレートでNECKをジョイントする方法と比較すると、格段にプレイヤービリティーを高める事が可能となりました。 ヴィンテージ系デタッチャブルタイプ(ボルトオンタイプ)のギターのパイポジションを弾きこなすことは、もともと手の小さい日本人にとって大変な作業といえます。フジゲンはプレイヤビリティー重視の設計でExpert OSの開発をスタートしました。結果、BODYの一部を丸くカットしたラウンドカットヒールを採用しました。

ローセッティング・セットアップ(弦高のことではありません)

ローセッティング・セットアップとは、フジゲンが独自に開発したネックセットのセッティングです。
ボディーに対するネックセットを通常のSTタイプギターのセッティングより約1mm低い設定にする事で、演奏性の高い演奏しやすい楽器に仕上げました。 弦楽器のセッティングにおいてヘッド部の弦の角度、NECKの仕込み角度、ブリッジ部の高さは非常に重要なポイントです。 Expert OSを開発するにあたり、ボディーに対するネックの仕込み角度に関しては、数多くの 試作・試奏を繰り返しました。トレモロ・ボディー形状との相関性も考え、最終的にEXPERTギターのベスト状態での仕込み角度でセッティングするセットアップ方式、「ローセッティング・セットアップ 」を採用しました。


一般的なSTタイプデタッチャブルギターでのセットアップ


Expert OSでのローセッティング・セットアップ

Expert OS はボディーに対するネックの仕込みを約1mm深く設計してあります。